2020年01月09日

【DOLCE式シャンプー】

美髪に向けて、ごく当たり前のことを書いておりますが、今一度お考え下さい。


冬の乾燥などで髪もパサついていませんか?

目指していただきたい理想は小学生や中学生の子達のようなツヤツヤな髪の毛です!



結論から書きます。


パサついている=引き算が強過ぎていませんか?


<シャンプーなどの引く力を弱める例>

すすぎを長めにしてから

シャワーの温度を高くても40度までにする

付ける量を減らす

洗浄力の優しいシャンプーにする

頭皮を洗い、毛先は洗わないようにする

美容室のシャンプーを使う


<目安>

シャンプーをすすいだ時点で絡まったりキシみやゴワついている場合は引き算がまだ強いです。

指通りが良いのが正解です。



そこで…


【DOLCE式シャンプー】

通常と逆転の発想で、先にトリートメントなどでパサつくあたりに足し算を。

その保護がある状態で、ベタつきの気になる根元を洗いましょう(引き算)。

そしてシャンプーをすすいだら、また足し算をする。


乾かす前にも洗い流さないトリートメントで足し算。

乾いてまだ潤いが足りないようならもう一度。


ここまでやれたら、サロンで私がやっている状態に近づいきます。

もちろん、良いシャンプーやトリートメントを使っていただきたいのはありますが、

その前に現在が引き算しすぎていないかを確認していただくことが大事だと思っております。




<引き算と足し算>

シャンプーとは毎日使うべきもの?!

ですね。


分かりきっていますが

脂や汚れを落とす…引き算の効果


と言っても、洗うことが普通になっていて、そのあとのコンディショナーやトリートメントもしますよね…足し算の効果。


シャンプーをすすいだ直後に引っかかる、ゴワつく、きしむなどは…引きすぎ。


ベタつくのは足しすぎ。


足りないなら、引き算を弱めるか、足しまくるべきです。




しかし、みなさん洗いすぎていませんか?

清潔、綺麗好き、泡をたくさん立てる

冬で乾燥した髪をさらに引き算をしたら…







補足になります。


1年の365日のうち、美容室にいらっしゃる方で2ヶ月に1回の計算で6日です。

つまり359日はご自宅でのセルフケアに託されています


当然、DOLCEにご来店の日はより良い商材を使うようにしていますので、髪の状態は美容師歴20年の国家資格者が仕上げるのでなかなか良い状態になるかと思います。



<洗浄力>

お湯ですすぐだけで70%の汚れが落ちます。

毛先の方はそれ程汚れていません。


当店のシャンプー剤は優しくても泡立ちが良いものにしています。

30%くらいの洗浄力です。


市販のは優しくても40%の洗浄力だったりします。

強いと80%なんてのも…お湯ですすぐ70%と合わせると…なかなかの洗浄力ですね。


泡立っていないぐらいが、頭皮の汚れと相殺されているので程よいと思います…泡立ってないと気持ち悪いとは言われますが…。


ぜひ優しいシャンプーにするか、使用する量を減らしてみてください。


当然ながら引いたら足さないと足りていないです。

同等以上に保湿する意識が大事です。


DOLCE式の引く前に足すもお忘れなく。




posted by どるちぇ at 20:04| ドルチェ通信